合格OUTPUT講座 講座紹介

講座の概要
短期合格者の共通点は復習のやり方が違う!

▲ 合格OUTPUT講座・初級ガイダンス

合格OUTPUT講座(初級)は、インプット講座に完全対応している復習講座です。初級者がどうしても遅れがちとなる「過去問」や「記述式(書式)問題」をインプット講義後、小泉講師の指導のもとで、すぐにマスターします。
受験生の実力差が生まれるのはINPUT講義の習熟度ではありません。インプット講義自体は誰もが熱心に受講しており、差がつきません。差がつくのは「講義後の個別学習(復習)」なのです。「講義後の復習をいかに合理的かつ効率的に取り組めるか」こそが一番重要なのです。しかし、「正しい復習のやり方」というのは、言うは易く行なうは難し。この復習の方法に失敗すると、1年を棒に振ることになります。
小泉予備校は、そうしたスクール外でおこる問題についても真剣に考えます。小泉講師の指導のもと、復習を講義内で完結させ、初学者でも理想的な復習ができる」これを実現する講座が、合格OUTPUT講座(初級)なのです。


インプット講義1回に対し、1回の復習OUTPUT講義をやる!

1回のインプット講義に対して、1回の復習講義」という理想的なスタイルは、今までどの資格スクールも実現できませんでした。なぜなら、それは、「受験生が自宅学習する時間をカリキュラムに盛り込む」ことを意味し、「カリキュラム増加 → 大幅な受講料アップ」が発生するからです。従って、このカリキュラムは、今まで非現実的とされていました。しかし、小泉司法書士予備校では、この問題に真正面から取り組み、初級INPUT講義を完全に無料公開することで「トータルの受講料を大幅に下げつつ、復習講義を実施する」ことに成功しました。
これにより個別学習(復習)を完全に講義内で完結させ、「理想的な復習」を実践していただけることが可能となったのです。「効果的な復習=過去問のマスター」であることは周知の事実ですが、小泉予備校では、この過去問対策をOUTPUT講座の中で取り組んでいきます。

本試験で合格点を叩き出すための「得点力」は、単純に「知識量を増やす」ことだけでアップできるものではありません。問題文には、必ず「論点」があります。問題文中から「論点」を抽出し、持っている知識をあてはめ、正誤をはじき出す。このフロー(流れ)を繰り返すことが大切なのです。 そこで、合格OUTPUT講座では、INPUT講義後すぐに、学習した論点にピッタリ合った過去問に取り組み、上記のフローを実践することで「得点力」を身に付けます。さらに、 講義内では、①1回の講義にピッタリあった過去問のセレクト、②その解法テクニックを伝授、③他の論点との比較・整理をしっかりと行いますので、明らかに自分で行うよりも容易にかつ短時間で復習を完了することができます。
※合格OUTPUT講座の中には「記述式(書式)」対策も含まれています。この講義を完全にやりきるだけで、択一だけではなく記述式に対する力も養成されます。

テキスト見本


合格OUTPUT講座カリキュラム

 




使用テキスト

使用テキストは、小泉嘉孝が、完全に新しく開発したオリジナルテキスト「極(きわみ)INPUT編 」一発合格のバイブルとして長年愛されてきた「小泉レジュメ」を凌駕した内容に仕上がりました。
WEBクラスでは、この極(きわみ)テキストを公開しています(※製本テキストも販売しています)。製本テキストの分量として24冊のボリューム。質、量ともに十分、司法書士試験に一発合格できるレベルです。
※購買部にて48,000円(税抜き)で販売しております。

>>購入をご希望の方はコチラ
>>製本テキスト詳細ページはこちら

使用テキストは、「極(きわみ)」の「択一過去問編」と「書式編」。これらは、上記で述べたフロー(流れ)を合理的かつ効率的に繰り返すことができるように設計されています。つまり、掲載されている過去問や解説は全て、インプット講座で使うテキストと連動した作りになっています。これにより、インプットテキストとアウトプットテキストを手元において、問題文中の論点と、学習した論点の関係性を確認しながら学習を進めることができ、学習の効率が飛躍的にアップします(※問題を解いていて、もう一度テキストで論点を確認したい場合、「極(きわみ)INPUT編」の該当箇所をチェックできるようになっています)。
まさに、インプット講義とマッチした究極の過去問集、書式問題集が、「極(きわみ)択一過去問編・書式(基礎)編」なのです。

OUTPUTテキスト




関連講座との関係
講座体系図
過去問の克服だけでは60%しか克服できません。

次に直前期の学習方法に触れます。実は過去問題の論点をすべてマスターするだけでは、本試験で得点できる割合は、最大でも60%です。つまり、合格するには過去問だけでは足りず、それにプラス25%の論点を押さえる必要があります。出題論点の60%は過去問題を繰り返すことでマスターし、25%の論点は、過去問題以外の問題、つまり「論点にあった予想問題」を繰り返してマスターする必要があるのです。これこそが、「直前ポイント総仕上げ講座」です。INPUT講座でマスターした論点を、60%は「過去問題」を通じて、残りの25%は、この「予想問題」を繰り返しこなすことで「得点力」とする。この方式こそが、小泉予備校の提唱する、一発合格の最短距離なのです。




受講料

>> WEBクラス なし
>> 初級アウトプット講座(DVDクラス)・・・108,000円(税抜き・配送料込み) 
※ 択一過去問編のみ → 83,000円(税抜き・配送料込み)、書式(基礎)編のみ → 25,000円(税抜き・配送料込み)

<商品内容> 
(1)合格OUTPUT講座・初級 講義DVD(択一過去問編136回+書式(基礎)編35回:計171回)
   ※DVDには、講義映像及び講義音声(MP3形式)が収録されています。
(2)製本テキスト:極(択一過去問編)、極(書式基礎編)

◎初級INPUT講座の製本テキストを購入される方は、OUTPUT講座や直前ポイント総仕上げ講座とのセット申込みがお得です。
「合格OUTPUT講座・初級(一括)+直前ポイント総仕上げ」のセット申込・・・定価 148,000円 → 118,000円 でお申込み頂けます。
「合格OUTPUT講座・初級(一括)」・・・定価 108,000円 → 98,000円 でお申込み頂けます。
※上記は、全て、税抜き・配送料込み の金額になります。

購買部へ

<受講料表>※小泉予備校が実施する全ての受講料一覧をご覧になる場合はこちらをご覧ください。

講座名 定価 極(きわみ) INPUT編 
製本テキスト 購入者 特別価格 
合格OUTPUT講座・初級/一括 + 直前ポイント総仕上げ講座(DVDクラス)
 
※ 特別価格でお申込みの場合は、「極(きわみ) INPUT編」製本テキストの料金は別途必要です。
148,000円(税抜き)
118,000円(税抜き)
合格OUTPUT講座・初級 /一括(DVDクラス)
 
※ 特別価格でお申込みの場合は、「極(きわみ) INPUT編」製本テキストの料金は別途必要です。
※書式編に関しては、書式(基礎)編の教材を使用します。中上級コースでは書式(完成)編を使用し、内容が異なります。
108,000円(税抜き) 98,000円(税抜き)
合格OUTPUT講座・初級/択一過去問編のみ(DVDクラス)
 
※DVDには、講義映像(家庭用DVDプレイヤーで再生できます)及び、 講義音声ファイル(MP3形式)が収録されています。
83,000円(税抜き) なし
合格OUTPUT講座・初級/書式基礎編のみ(DVDクラス)
 
※DVDには、講義映像(家庭用DVDプレイヤーで再生できます)及び、講義音声ファイル(MP3形式)が収録されています。
※書式編に関しては、書式(基礎)編の教材を使用します。中上級コースでは書式(完成)編を使用し、内容が異なります。
25,000円(税抜き) なし

2017→2018年 途中振替え制度、2018年講座 先取りスタート特典のご案内







>> テキスト・DVDの配送スケジュールはコチラです。

 


<小泉司法書士予備校 合格カリキュラム>

初級インプット講座 直前ポイント総仕上げ講座    
初級アウトプット講座      
初級アウトプット講座 極答練      
       
中上級アウトプット講座 択一出題予想チェック&トライ講座    
     
中上級アウトプット講座   講座スケジュール
中上級インプット講座 的中記述講座   受講料表
  中上級コース案内