オプション講座 インプット講義を受講したら、すぐにアウトプット講義を受講する。
徹底的にアウトプット学習をすることで、みるみる解答力が身に付きます。

中上級OUTPUT講座は、インプット講座に完全対応しているアウトプット講座です。
受験生の実力差が生まれるのはINPUT講義の習熟度ではありません。インプット講義自体は誰もが熱心に受講しており、差がつきません。差がつくのは「講義後にどれだけアウトプット学習に取り組めるか?」です。

インプット講義を受講したら、すぐにアウトプット講義を受講する。徹底的にアウトプット学習をすることで、みるみる解答力が身に付きます。
中上級OUTPUT講座は、インプット講座に完全対応しているアウトプット講座です。
受験生の実力差が生まれるのはINPUT講義の習熟度ではありません。インプット講義自体は誰もが熱心に受講しており、差がつきません。差がつくのは「講義後にどれだけアウトプット学習に取り組めるか?」です。

中上級アウトプット講座

「講義後にどれだけアウトプット学習に取り組めるか?」は、分かってはいても、うまく時間配分できない受験生が大半です。中上級者であっても、思うように学習計画が立てられず、努力が実を結ばなかった方は多いのではないでしょうか。そこで、小泉予備校では、「復習を小泉講師の指導のもと講義内で完結させ、合理的かつ効率的な理想的アウトプット学習」を実践します。

小泉嘉孝

>>小泉嘉孝プロフィール

1回のインプット講義に1回のアウトプット講義を実践することで、過去問を誰よりも完璧に仕上げて頂きます。

小泉司法書士予備校が一番重要だと考えているのは、「アウトプット学習」です。なぜなら、実力に差がつくのは、「アウトプット学習をどれだけやれたか?」だからです。それは、単に「学習時間」の問題ではなく、「正しい方法でアウトプット学習をおこなったか?」である点を肝に命じてください。「正しいやり方で学習できた人」と「誤ったやり方で学習した人」では、1か月もすれば、点数に大きな差が生まれます。半年後には、もう追いつけないような差となり、合否を分ける結果となります。

そこで小泉予備校では、INPUT講座の1回の講義に対して、1回の復習アウトプット講義をご用意し、講義内でアウトプット学習を完結させます。このアウトプット学習こそが「合格OUTPUT(アウトプット)講座」です。アウトプット学習を受験生の裁量にまかせるのではなく、最も合理的でかつ効率的な方法を初期の段階から徹底指導します。
講座は「択一過去問編」「一問一答編」「書籍完成編」の3つに分かれています。以下に各講座の詳細を説明していますので、ご自身にピッタリあった講座を選択してください。

[教材内容]
●合格OUTPUT講座 講義DVD
択一過去問編40回×2h=80h、一問一答編35回×1h=35h、書式基礎編35回×0.5h=17.5h
※講義動画+講義音声データが収録

●合格OUTPUT講座 製本テキスト
極(択一過去問編・22冊約3200ページ)、極(一問一答編・16冊約850ページ)、極(書式完成編)

アウトプット講座を無料体験する

一回のインプット講義に一回のアウトプット講義をやる。

小泉司法書士予備校が一番重要だと考えているのは、「インプット講義の復習」です。実力に差がつくのは、復習方法だからです。「復習時間」ではなく「復習方法」である点を肝に命じてください。「正しいやり方で復習ができた人」と「誤ったやり方で復習をした人」では、1か月もすれば、点数に大きな差が生まれます。半年後には、もう追いつけないような差となり、合否を分ける結果となります。

そこで小泉予備校では、受講生のみなさんが絶対に間違った復習をしないよう、INPUT講座の1回の講義に対して、1回の復習アウトプット講義をご用意し、講義内で復習を完結させます。この復習アウトプット講義こそが「合格OUTPUT(アウトプット)講座」です。復習を受験生の裁量にまかせるのではなく、最も合理的でかつ効率的な方法を初期の段階から徹底指導します。
講義は「過去問」「予想問」を中心に行います。INPUT講義で触れた論点にピッタリ対応するよう肢別に並び替えてありますので、時間のない中上級者でも効率的に学習を進めることが可能です。OUTPUT講義を通じて「スラスラ本試験の問題が解ける!」体感をしてください。

[教材内容]
●合格OUTPUT講座 講義DVD
択一過去問編40回×2h=80h、一問一答編35回×1h=35h、書式基礎編35回×0.5h=17.5h
※講義動画+講義音声データが収録

●合格OUTPUT講座 製本テキスト
極(択一過去問編・22冊約3200ページ)、極(一問一答編・16冊約850ページ)、極(書式完成編)

アウトプット講座を無料体験する

合格OUTPUT講座<択一過去問編>

◎インプット講義の進行と同時に、過去問学習がコンプリートされていくので、「過去問が解ける手応え」を感じながら、学習を進めていけます。

「今年こそ過去問を完全にマスターしたい!」中上級者であれば、この気持ちは初学者以上に強いはずです。合格アウトプット講座(択一過去問編)は、その望みを実現するための講座です。「過去問を完全にマスター」するには、基本論点をマスターできていない状態で、やみくもに過去問集を解いてはいません。初心にもどって「もう一度、INPUT講義を受講して論点を整理」⇒「論点にピッタリあった過去問題を解く」といった学習スタイルを日々実践することが大切です。
択一過去問編では、インプット講座が1回進むごとに、その回で習得した知識を使って過去問題にチャレンジしていきます。1回のインプットに対し、1回のアウトプット講座が用意されているので、インプット講義の進行と同時に、過去問学習をコンプリートできます。「過去問が解ける手応え」を感じながら、学習を進めていけるので、焦る事なく1歩ずつ合格に近づくことができます。

また講義の中では、出題された実績の頻度や割合も具体的に示します。このため、本試験問題を解く実力に達するには、「何を記憶する必要があるのか?」「どこまで深く勉強しなければならないのか?」など押さえるべき内容と深さが明確になります。INPUT講義で伝えきれなかった派生論点もプラスして解説していきますので、インプット講義で学習した知識をさらに深めるのにも有効です。



アウトプット講座 お得な割引

合格OUTPUT講座<一問一答編>

◎過去問だけでは、出題論点の60%しかマスターできません。合格ラインに達するためには、過去に出題されていない応用論点で、さらに25%の上積みが必要です。

本試験の合格ライン85%のうち、過去問をマスターすることでクリアできるのは60%にしか過ぎません。残り25%を得点するためには、本試験で出題されたことがない応用論点のマスターが必要になります。
合格アウトプット講座<一問一答編>は、この25%をしっかり得点するための講座です。過去に出題されていない応用論点を小泉嘉孝が厳選し、学習しやすい「一問一答形式」の教材を使って学習を進めます。このオリジナル教材をしっかりと学習できれば、過去問学習で網羅できない「残り25%の出題論点」を完全にマスターすることができます。ライバル達に差をつけるのは、まさにこの分野の学習だといえます。

一問一答編は、無料公開しているインプット講義「合格インプット講座(応用論点編)」と連動した形で講義が進みます。応用論点編で知識をしっかりと整理し、講義の直後に一問一答編でアウトプット学習をするスタイルです。合格アウトプット講座(択一過去問編)と同様、INPUT講義で伝えきれなかった派生論点もプラスして解説していきますので、インプット講義で学習した知識をさらに深めるのにも有効です。



アウトプット講座 お得な割引

合格OUTPUT講座<書式完成編>

◎本試験レベルの「良問」をコンスタントに解くことで、合格へと近づくことができます。

本試験問題を解くための「知識」と「論点」を頭に詰め込んでいくのがインプットです。逆に、具体的な事例問題の中で、あらゆる法律知識を使いこなし、様々な角度から隠された論点を見つけ出し、答案を仕上げていくのがアウトプットです。
小泉予備校では、初級段階のカリキュラムから、インプットとアウトプットの完全連動を取り入れており、アウトプットの初級者レベル「書式基礎編」から本試験レベル答練「極答練」への橋渡しとなる講座が、この「書式(完成編)」です。
しかし、出題レベルは「極答練」と同等の本試験レベルであり、
本試験で出題される可能性の高い重要論点を、本試験さながらの出題形式で集約しています。
また、難問奇問を避けつつ、基本論点を積み重ねることで、「良問特有の難しさ」を実感できる問題に仕上がっています。

司法書士試験短期合格を目指す受験生にとって、記述式問題は、ひとつの大きな壁です。これを突破するためには、
①本試験レベルの ②「良問」を ③コンスタントに解く
ことが大切です。
解説講義では、問題制作者が緻密に仕込んだ論点を、紐解く方法と本試験突破のためのテクニックを伝授します。
この講座の問題を、しっかり繰り返し解くことで、「司法書士試験突破力」が身につきます。ぜひ活用してください!



アウトプット講座 お得な割引

使用テキストに掲載されている過去問、予想問、解説は、全て、インプット講座テキストと完全連動しています。

使用テキストは、「極(きわみ)」の「択一過去問編」「一問一答編」。これらは、上記で述べたフロー(流れ)を合理的かつ効率的に繰り返すことができるように設計されています。つまり、掲載されている過去問や解説は全て、インプット講座で使うテキストと連動した作りになっています。
これにより、インプットテキストとアウトプットテキストを手元において、問題文中の論点と、学習した論点の関係性を確認しながら学習を進めることができ、学習の効率が飛躍的にアップします(※問題を解いていて、もう一度テキストで論点を確認したい場合、「極(きわみ)INPUT編」の該当箇所をチェックできるようになっています)。
まさに、インプット講義とマッチした究極の過去問集が、「極(きわみ)択一過去問編」なのです。

●民法 ●不動産登記法 ●会社法商法 ●商業登記法 ●憲法 ●刑法 ●民訴民執保全法 ●供託書士法

使用テキストに掲載されている過去問、予想問、解説は、全て、インプット講座テキストと完全連動しています。

使用テキストは、「極(きわみ)」の「択一過去問編」「一問一答編」。これらは、上記で述べたフロー(流れ)を合理的かつ効率的に繰り返すことができるように設計されています。つまり、掲載されている過去問や解説は全て、インプット講座で使うテキストと連動した作りになっています。
これにより、インプットテキストとアウトプットテキストを手元において、問題文中の論点と、学習した論点の関係性を確認しながら学習を進めることができ、学習の効率が飛躍的にアップします(※問題を解いていて、もう一度テキストで論点を確認したい場合、「極(きわみ)INPUT編」の該当箇所をチェックできるようになっています)。
まさに、インプット講義とマッチした究極の過去問集、書式問題集が、「極(きわみ)択一過去問編」なのです。

●民法 ●不動産登記法 ●会社法商法 ●商業登記法 ●憲法 ●刑法 ●民訴民執保全法 ●供託書士法

 

使用テキストを詳しく見る

実施講座の詳細を見る

実施講座の詳細を見る

PAGE TOP