オプション 無料公開されているインプット講座テキストを完全製本化。
本格的に学習される際にどうしても必要になるのが紙ベースの教材です。極テキストは、ページ総数5200ページ(24冊)に及ぶテキストが、48,000円と安心の低価格。そして何より「司法書士試験はこの一冊」だけで合格できます。つまり、初級者から中上級者までの幅広い層に対応しています。

無料公開されているインプット講座テキストを完全製本化。
年間10名以上の一発合格者を輩出した実績を持つ”小泉嘉孝”の講座を無料で公開しています。
本格的に学習される際にどうしても必要になるのが紙ベースの教材です。極テキストは、ページ総数5200ページ(24冊)に及ぶテキストが、48,000円と安心の低価格。そして何より「司法書士試験はこの一冊」だけで合格できます。つまり、初級者から中上級者までの幅広い層に対応しています。



合格INPUT講座テキスト 極テキスト

極テキストは、小泉司法書士予備校で実施する「アウトプット講座」と完全対応しており、イラストや図表が多く、難解な法律書のイメージを払拭する全く新しいテキストです。小泉嘉孝が「一発合格者を多数輩出する理由」の1つとしてあげられるのが、このテキストの存在です。初級者にとっては、長々と文章を読まずに直感的にどんどん読み進めていくことができ、ポイントだけが記憶に定着しやすいつくりになっています。

小泉嘉孝

>>小泉嘉孝プロフィール

無料公開されているテキスト「INPUT講座テキスト」を完全製本化。

小泉嘉孝の司法書士予備校といえば、なんといっても「初級、中上級者向けのINPUT講座がすべて無料WEB公開」されている点が特長です。しかも、テキストも同時にWEB上で公開されており、パソコン画面上で全回を無料で受講することができます。しかし、受験勉強を本格的に進めていくと、どうしてもテキストに書き込みをしたり、マーカーを引いたりする必要があり、紙ベースのテキストが不可欠です。そこで登場するのが、「極(きわみ)INPUT編」の製本版テキストです。5,200ページに及ぶ内容全てがもれなく製本化されています。 小泉司法書士予備校をメインスクールとして学習を進められる方は、是非ともご購入をご検討ください。
※製本版テキストの印刷色は、1色刷りとなります。

ページ総数5,200ページ(24冊)に及ぶテキストが、48,000円と安心の低価格。

一発合格者を多数輩出したことで定評のある「小泉レジュメ」。ここで実践された小泉式合格法を、さらにバージョンアップさせ、全く新しいテキスト「極(きわみ)」を完成させました。 インプットテキスト「極(INPUT編)」は、ページ総数5200ページに及ぶボリューム、合格に必要な知識量が詰まっています。
「極(INPUT編)」と、OUTPUT講座のテキストである「極(択一過去問編)」「極(書式編)」「極(一問一答編)」をフル活用すれば、理想的な学習が実現します。各テキストは、それぞれに完全連動しているので、インプット、アウトプットの一貫した復習、直前期の総仕上げに大変効果的です。
5200ページに及ぶ合格に十分なボリュームを持つ「極テキスト(INPUT編)」ですので、200ページ程度に分けて製本しても、24冊になります。小泉司法書士予備校では、この24冊のテキストを48,000円(一冊あたり約2,000円)でご提供しています。WEB講義が全て無料といっても、使用テキストが高ければ意味がありません。テキスト料金も安心価格で提供させて頂きます。

[科目] ●民法 ●不動産登記法 ●会社法商法 ●商業登記法 ●憲法 ●刑法 ●民訴民執保全法 ●供託書士法
[ページ数・冊数] 5200ページ・24冊セット
[価格] 48,000円(税抜)
※極(書式編)は、初級コースでは「書式(基礎)編」、中上級コースでは「書式(完成)編」を使用します。

ページ総数5,200ページ(24冊)に及ぶテキストが、48,000円と安心の低価格。

一発合格者を多数輩出したことで定評のある「小泉レジュメ」。ここで実践された小泉式合格法を、さらにバージョンアップさせ、全く新しいテキスト「極(きわみ)」を完成させました。 インプットテキスト「極(INPUT編)」は、ページ総数5200ページに及ぶボリューム、合格に必要な知識量が詰まっています。
「極(INPUT編)」と、OUTPUT講座のテキストである「極(択一過去問編)」「極(書式編)」「極(一問一答編)」をフル活用すれば、理想的な学習が実現します。各テキストは、それぞれに完全連動しているので、インプット、アウトプットの一貫した復習、直前期の総仕上げに大変効果的です。
5200ページに及ぶ合格に十分なボリュームを持つ「極テキスト(INPUT編)」ですので、200ページ程度に分けて製本しても、24冊になります。小泉司法書士予備校では、この24冊のテキストを48,000円(一冊あたり約2,000円)でご提供しています。WEB講義が全て無料といっても、使用テキストが高ければ意味がありません。テキスト料金も安心価格で提供させて頂きます。

[科目] ●民法 ●不動産登記法 ●会社法商法 ●商業登記法 ●憲法 ●刑法 ●民訴民執保全法 ●供託書士法
[ページ数・冊数] 5200ページ・24冊セット
[価格] 48,000円(税抜)
※極(書式編)は、初級コースでは「書式(基礎)編」、中上級コースでは「書式(完成)編」を使用します。

初級者も中上級者も司法書士試験にはこの一冊だけ。

「極(きわみ)テキスト」は、初級者だけでなく、中上級者のメインテキストとしても十分活用いただけるよう設計されています。このテキストを完全にマスターして頂くだけで必ず合格レベルにくることを保証いたします。ですから、極テキストは、初級INPUT講座でも、中上級INPUT講座でも同じ教材を使用いたします。勿論、講義の難易度、スピードは異なりますが、マスターして頂くテキストはただ一つということになります。
つまり、「極テキスト」には合格に必要な情報がすべて詰まっているのです。このため、合格までこれ一本で勉強することができます。通常、テキストには学習した内容を、わかりやすいようにメモをしたりマーカーを引いたりして、自分にとって使いやすいテキストへと加工していきます。きっとあなたが、司法書士試験合格の栄冠に辿り着く頃には、世界にたったひとつの宝物のようなテキストへと進化していることでしょう。
※ 改正等の補正情報はすべてHP上でダウンロードできますので、それを参考にして頂ければ、教材を非常に長く利用いただけます。

イラストや図表が多く、難解な法律書のイメージを払拭するわかりやすさ

司法書士のテキストは、一般的に難解な内容のものが大半です。極(きわみ)テキストでは、難解な法律書のイメージを打破すべく、イラストや図表を多く使用した構成になっています。「小泉式合格法」が多くの受験生から支持されてきたのは、「テキストの馴染みやすさ」が理由の1つです。「こんなに分かりやすくて本当に合格できるの?」と思われる方もおられるかもしれませんが、それは、数多くの一発合格者を輩出した「実績」が裏付けています。「こんなに分かりやすい」から「数多くの合格者」を輩出してきたのです。



小泉予備校実施のアウトプット講座テキストと完全連動。

極(きわみ)テキストは、INPUT講座のテキストである「極(INPUT編)」、OUTPUT講座のテキストである「極(択一過去問編)」「極(書式編)」「極(一問一答編)」に分かれます。小泉司法書士予備校では、インプット講座1講義に対して、アウトプット講座1講義が用意されており、インプット講義で触れられた論点にピッタリ合った問題をすぐに解いていただくことができます。講義同士が、1コマ単位で完全に対応しているのは業界初のカリキュラムです。
そして、この講義カリキュラムに対応して、極テキストにおいても、インプットテキストとアウトプットテキストは完全に連動した構成になっています。インプットテキストで登場した論点をアウトプットテキストで確認しながら学習を進めることができるのです。双方のテキストが完全連動しているこのテキストは、学力を飛躍的に伸ばすための根幹となります。

実施講座の詳細を見る

実施講座の詳細を見る

事務局からのお知らせ

現在、お知らせはありません。


PAGE TOP